コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルラス Barlas; Barulas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バルラス
Barlas; Barulas

チムール (帖木児) の出身部族として知られるモンゴル系の1部族。『元朝秘史』には,チンギス・ハンの曾祖父の兄から出た氏族として,大バルラス,小バルラスの名がみえる。チムールの5代前の先祖カラチャルは,13世紀前半にチャガタイ・ハン国の宮廷内で有力者であったとされているが,その存在は疑わしい。 1336年チムールが生れたとき,彼の一族は零落していたが,チムールは盗賊団の首領として次第に頭角を現し,ついに 60年頃バルラス部のかつての領地であったサマルカンド南方のケシュ (→史国 ) とその周辺の支配権を獲得して,その後の発展の基盤をつくった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

バルラスの関連キーワードティームール

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バルラスの関連情報