バルーチ語(読み)バルーチご(英語表記)Baluchi

世界大百科事典 第2版の解説

バルーチご【バルーチ語 Baluchi】

イラン語派西部グループの言語。イラン南東部とパキスタン南西部にまたがるバルーチスターンを中心に,アフガニスタン南部,イラン内部の各地,およびトルクメニスタン共和国のマリ(メルブ)等で,約150万~250万人(1959推定)により話される。広大な地域に広がっているため多くの方言からなるが,相互に理解が可能である。文学的言語としての発達は最近のことで,特にパキスタンではバルーチ語の印刷物が多く見られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android