コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バージニア学派 バージニアがくはVirginia school

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バージニア学派
バージニアがくは
Virginia school

政府の役割と意思決定に関する公共選択理論の研究を行なっている集団で,反ケインズ的な政策論を展開している。『赤字財政政治経済学』で知られる J.ブキャナンや G.タロックが中心的学者で,近年,経済的・政治的主体が選択を行う際にそれを制約する法律,制度など各種の基本的なルールがどう作用するか,その特性を分析する「立憲的な政治経済学」が研究されはじめた。研究活動は公共選択研究センターを中心に行われているが,設立当初はアメリカのバージニア工科大学に同センターがおかれたため,この呼び名がつけられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

バージニア学派の関連キーワードブキャナン(James Mcgill Buchanan Jr.)

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android