バージャ(英語表記)Bājah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バージャ
Bājah

別称ベジャ Béja。チュニジア北部,バージャ県県都。チュニス西方 100km,ブレドと呼ばれる肥沃な丘陵地帯に位置する。古代はカルタゴ人の都市で,バッカまたはバガと呼ばれ,ローマの植民地となってからは,「アフリカの穀倉」といわれる小麦生産地帯の中心都市。 16世紀には,トルコ人が行政中心地,軍事基地とした。独立後も重要な農産物の集散地。製粉工場,製糖工場もある。南南西 50kmにローマ時代のドゥガ遺跡がある。人口5万 3447 (1989推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android