バーゼルの大聖堂(読み)バーゼルのだいせいどう

世界の観光地名がわかる事典の解説

バーゼルのだいせいどう【バーゼルの大聖堂】

スイス北西部、ライン川沿いの都市バーゼル(Basel)旧市街中心部の小高い丘の上にある大聖堂。◇「ミュンスター」(Münster)と通称されている。赤い砂岩の壁と色とりどりの屋根瓦と2つの尖塔を持った大聖堂は、バーゼルの象徴となっている。その最初の建物は10世紀以前にさかのぼるといわれる。12世紀後半に建てられたロマネスク様式の建物は、1356年の地震で倒壊し、今日に残るゴシック様式の聖堂はその後建て替えられたものである。この町で活躍した人文主義者・哲学者・神学者のエラスムス(Desiderius Erasmus、1467?~1536年)の墓も、この大聖堂にある。ミサの行われている時間帯を除けば、内部の見学が可能である。なお、この大聖堂の旧宝物庫の収蔵品や市幹部の座席は歴史博物館本館に、また、外壁の彫像のオリジナル(聖堂の彫像はコピー)は小クリンゲンタール博物館に保管・展示されている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android