コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーチャルウオーター virtual water

デジタル大辞泉の解説

バーチャル‐ウオーター(virtual water)

輸入される農作物食料品の生産に必要な水の量を推定した数値。生産物そのものとともに、生産にかかった水も輸入していることになるという考え方食料自給率の低い日本などではこの数値が大きくなる。全世界的な水資源均衡を考えるための概念として、ロンドン大学アンソニー=アラン教授が提唱仮想水。間接水。
[補説]牛肉1キロの生産に20.6トン、豚肉1キロに5.9トン、大豆1キロに2.5トンの水が使われるとされる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android