コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーチャルウオーター バーチャルウオーター virtual water

1件 の用語解説(バーチャルウオーターの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

バーチャル‐ウオーター(virtual water)

輸入される農作物や食料品の生産に必要な水の量を推定した数値。生産物そのものとともに、生産にかかった水も輸入していることになるという考え方食料自給率の低い日本などではこの数値が大きくなる。全世界的な水資源の均衡を考えるための概念として、ロンドン大学アンソニー=アラン教授が提唱。仮想水。間接水。
[補説]牛肉1キロの生産に20.6トン、豚肉1キロに5.9トン、大豆1キロに2.5トンの水が使われるとされる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バーチャルウオーターの関連キーワード迂回生産交換価値粗放農業価値法則生鮮食料品夏作物旱魃GAP(ジー・エー・ピー)資源作物栽培協定

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バーチャルウオーターの関連情報