バーチャルオフィス(英語表記)virtual office

デジタル大辞泉の解説

バーチャル‐オフィス(virtual office)

事務所を所有・賃借することなく事業を行えるように、住所・電話・郵便などに関して事務所に必要な機能を提供する業態。また、そのサービスを利用することで実現される仮想的な事務環境のこと。住所や電話番号の貸し出し、郵便物の受け取りや電話応対の代行などのサービスが提供される。起業時に経費を軽減できるなどの利点がある一方、詐欺的行為を行う悪質な業者が実態を隠すために利用している一面もある。
情報通信技術(ICT)を利用してネットワーク上に構築される仮想的な事務環境。自宅や外出先などから情報通信ネットワークを介して接続し、業務を行うことができる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android