コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーティシリウム萎ちょう病(アルファルファ)

飼料作物病害図鑑の解説

バーティシリウム萎ちょう病(アルファルファ)

北海道および関東で発生する、被害の大きい株枯性の糸状菌病。初め下部の葉および茎が若干萎れたようになり、徐々に黄化、落葉していく。この後、新しい茎 が出てきても再び萎凋することを繰り返し、ついには株全体が萎凋する激しい全身症状を示す。根では維管束が侵され黒変し、このため植物は水分を十分に吸収 できず、萎凋枯死していく。冠根部付近は高湿時は灰色のかびで覆われるが、これは分生子で、土中に落ち、水の十分にある条件で根に感染する。病原菌は数多 くの雑草に接種可能であるが、日本では感染源となる雑草種は未特定である。

出典|畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android