コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バードサンクチュアリ bird sanctuary

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バードサンクチュアリ
bird sanctuary

野生鳥獣類の生息地の保全を第一の目的として確保された区域。「野鳥聖域」を意味する。鳥獣保護区とは異なり,単なる環境保全にかぎらず,バードウォッチングや野鳥と触れ合うなどの自然体験ができる場としても機能する。拠点施設であるネーチャーセンターにはレンジャーと呼ばれる専門職員が常駐し,環境の調査やパトロール,教育・体験活動・情報提供の手助けをする。国内では 1981年,日本野鳥の会北海道苫小牧市ウトナイ湖に設置したのが最初。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

バード‐サンクチュアリ(bird sanctuary)

鳥を主とする野生生物の保護区

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

バードサンクチュアリの関連キーワード白州(山梨県)サンクチュアリ代々木公園

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バードサンクチュアリの関連情報