コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーフタラーン Bākhtarān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーフタラーン
Bākhtarān

旧称ケルマーンシャー Kermānshāh。イラン西部,バーフタラーン州の州都。ハマダーンの西南西 140km,標高 1480m,イラン高原よりイラクバグダードに通じる幹線道路に沿って位置する。気候は冬雨が多い半乾燥気候で,年降水量は 426mmと国内では多い。交通上の要衝で,古くから開発が進んだ。特に 1960年代に西方のイラク国境のナフテシャー油田が国営石油会社によって開発されてからは,油田地区とパイプラインで結ばれて石油精製基地となった。人口 56万 514 (1986) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android