コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーフタラーン バーフタラーンBākhtarān

3件 の用語解説(バーフタラーンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーフタラーン
Bākhtarān

旧称ケルマーンシャー Kermānshāh。イラン西部,バーフタラーン州の州都。ハマダーンの西南西 140km,標高 1480m,イラン高原よりイラクバグダードに通じる幹線道路に沿って位置する。気候は冬雨が多い半乾燥気候で,年降水量は 426mmと国内では多い。交通上の要衝で,古くから開発が進んだ。特に 1960年代に西方のイラク国境のナフテシャー油田が国営石油会社によって開発されてからは,油田地区とパイプラインで結ばれて石油精製基地となった。人口 56万 514 (1986) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

バーフタラーン

ケルマーンシャー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone