コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーミンガム運河 バーミンガムうんがBirmingham Canal Navigations

世界大百科事典 第2版の解説

バーミンガムうんが【バーミンガム運河 Birmingham Canal Navigations】

イギリス,イングランド中部,ウェスト・ミッドランズ州のバーミンガム周辺にある運河の総称で,イギリスの内陸水路網の中心的位置を占める。総延長約166km,閘門(こうもん)総数139,最小幅2.1m。幹線のメーン・ライン運河のほか,バーミンガム・フェーズリー運河,ワーリー・エシントン運河などが1768年より順次開削された。これらの運河網はさらに,ウースター・バーミンガム運河を通じてセバーン川と,グランド・ユニオン運河でテムズ川と,トレント・マージー運河でトレント川,マージー川とそれぞれ接続されるため,北海と大西洋,アイリッシュ海を結びつけることになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のバーミンガム運河の言及

【運河】より

…それはやがてマンチェスターまで延長され,マンチェスターおよびその周辺の産業に多大の影響を与え,さらにリバプールの貿易,とくにアメリカ産原綿の輸入に役立った。69年にはバーミンガム運河が炭田地帯のサウス・スタッフォードシャーとバーミンガムの間を結び,77年にはトレント・マージー運河(大幹線運河とも呼ぶ)がテムズ川をミッドランド地方に結びつけた。このようにして,18世紀半ばすぎにはじまるいわゆる運河狂時代は,工業地帯を結びつける運河網を形成しながら1830年ころまで続いたのである。…

※「バーミンガム運河」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バーミンガム運河の関連キーワードテルフォード

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android