コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パイフェレラ Pfeifferella

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パイフェレラ
Pfeifferella

鼻疽菌のことで,今日では Pseudomonas malleiとされている。自然にはウマの間に流行する伝染病の病原体。鼻疽,皮疽といわれリンパ腺,肺,皮膚などに結節をつくる病気であるが,まれにヒトにも感染し,なおりにくい。グラム染色陰性の多形の桿菌で,ときには糸状または分枝状となる。偏性好気性菌で普通培地では発育がやや遅く褐色の色素を出す。菌は病獣の鼻汁,皮膚の潰瘍および病巣からの分泌物中にみられる。死亡率は高いといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android