コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼻疽 びそ

2件 の用語解説(鼻疽の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

鼻疽【びそ】

馬鼻疽とも。元来は鼻疽菌によるウマやロバの家畜法定伝染病。日本には常在しない。ときに人間や他の家畜に伝染する。鼻粘膜や肺に膿瘍(のうよう)が生じ,全身のリンパ系の病変を起こし死亡することが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

びそ【鼻疽 glanders】

馬鼻疽ともいう。ウマ,ロバ,ラバなどの鼻腔,気管支粘膜,肺,脾,肝,リンパ節,皮膚に結節や膿瘍(のうよう),潰瘍を形成する接触性の伝染病。ヨーロッパ,ソ連,中近東アジア南アメリカでかつて流行したが,現在ではアジア,アフリカ,南アメリカで一部に発生がみられる。原因菌はPseudomonas malleiで,ラクダライオン,トラ,イヌ,ヒトにも感染する。鼻腔内への病変のみられることが多いことから鼻疽と呼ばれるが,肺に見られる肺鼻疽,皮膚に起これば皮疽と呼ばれる三つの型がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鼻疽の関連キーワード馬鼻疽ラバ色話王の鼻御歯黒花騾馬山の鼻フラバン鼻疽(馬鼻疽)けらば

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone