コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パイロット・スタディ pilot study

1件 の用語解説(パイロット・スタディの意味・用語解説を検索)

DBM用語辞典の解説

パイロット・スタディ【pilot study】

同じテーマの大規模でより深層調査の可能性を判断するために行われる消費者調査の研究。パイロットサーベイとも呼ばれる。パイロット・スタディはセグメンテーション、製品使用、個人的意見、動機、その他のマーケット調査の研究に使用される。例えば、マーケット・リサーチャーは、あるタイプおむつについての意見を判断するために、500人の母親の標本に対してパイロット・スタディを行う。もしこのスタディにより、母親達は、その新しいブランド好ましい反応を示しているとの結果が生じたならば、別のスタディで、例えばおむつの使用など他の要因を判断するためにさらに大規模に行われることになる。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パイロット・スタディの関連キーワード期待可能性再生産ポテンシャル深層水フィージビリティースタディーフィージビリティ・スタディ(feasibility study)ネット調査の方法開門調査の環境アセス方法書素案

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パイロット・スタディの関連情報