コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パウルス六世 パウルスロクセイ

デジタル大辞泉の解説

パウルス‐ろくせい【パウルス六世】

Paulus Ⅵ》[1897~1978]第262代ローマ教皇。在位1963~1978。教皇として初めて、国連総会に出席。世界平和維持を呼びかけるなど平和運動に活躍。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

パウルス六世の関連キーワードウィンディッシュ[各個指定]芸能部門ウェルンレ[各個指定]工芸技術部門平岩弓枝ザンクトパウルス大聖堂聖パウルス大聖堂ナイサイトアスムッセンウレーデ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android