ウェルンレ(英語表記)Wernle, Paul

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェルンレ
Wernle, Paul

[生]1872.5.1. チューリヒ
[没]1939.4.11.
スイスのプロテスタント神学者。新約聖書学者,教会史家。バーゼル大学神学部私講師 (1897) を経て同新約聖書学教授 (1900) ,教会史教授 (01~26) となった。新約聖書学者としては宗教史学派に属し,イエス伝資料問題やイエスとパウロの問題について論じ,教会史家としては宗教改革を中心として業績を残しているが,博学をもって知られ,神学諸科全般にわたる『神学通論』をも残している。主著"Der Christ und die Sünde bei Paulus" (1897) ,"Die synoptische Frage" (99) ,"Die Reichsgotteshoffnung in den ältesten christlichen Dokumenten und bei Jesus" (1903) ,"Die Quellen des Leben Jesu" (04) ,"Antimilitarismus und Evangelium" (15) ,"Der schweizerische Protestantismus in der Helvetik" (2巻,38,48) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android