コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェルンレ ウェルンレWernle, Paul

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェルンレ
Wernle, Paul

[生]1872.5.1. チューリヒ
[没]1939.4.11.
スイスのプロテスタント神学者。新約聖書学者,教会史家。バーゼル大学神学部私講師 (1897) を経て同新約聖書学教授 (1900) ,教会史教授 (01~26) となった。新約聖書学者としては宗教史学派に属し,イエス伝資料問題やイエスとパウロの問題について論じ,教会史家としては宗教改革を中心として業績を残しているが,博学をもって知られ,神学諸科全般にわたる『神学通論』をも残している。主著"Der Christ und die Sünde bei Paulus" (1897) ,"Die synoptische Frage" (99) ,"Die Reichsgotteshoffnung in den ältesten christlichen Dokumenten und bei Jesus" (1903) ,"Die Quellen des Leben Jesu" (04) ,"Antimilitarismus und Evangelium" (15) ,"Der schweizerische Protestantismus in der Helvetik" (2巻,38,48) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ウェルンレの関連キーワード日本郵便制度史(年表)富岡製糸場アルルの女モンクラランド竹本長十郎マレー吉沢検校(2代)ダヴィデゴンブルサ事件

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android