ウィンディッシュ(英語表記)Windisch, Hans Ludwig

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィンディッシュ
Windisch, Hans Ludwig

[生]1881.4.25. ライプチヒ
[没]1935.11.8. ハレ
ドイツの新約聖書学者。ライプチヒ大学の私講師となり (1908) ,その後,ライデン (14~29) ,キール (29~35) ,ハレ (35) の各大学教授を歴任。宗教史学派に属し,新約聖書学,原始キリスト教史などを講じた。著書"Taufe und Sünde im ältesten Christentum bis auf Origenes" (08) ,"Der messianische Krieg und das Urchristentum" (09) ,"Katholische Briefe" (11) ,"Zweiter Korint. Brief" (24) ,"Johannes und die Synoptiker" (29) ,"Der Sinn der Bergpredigt" (29) ,"Paulus und Christus" (34) ,"Paulus und Judentum" (35) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android