コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パカラナ Dinomys branickii; pacarana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パカラナ
Dinomys branickii; pacarana

齧歯目パカラナ科。南アメリカにすむ森林性の大型ネズミで1属1種。体長 73~79cm,尾長 20cm。体重 10~15kg。体つきとげの無いヤマアラシに似る。耳は小さく丸く,ひげが長い。体に黒ないし褐色粗毛が生え,脇に白い縦縞が2本走る。長くがんじょうな爪で,高地谷間緩斜面に巣を掘る。爪を使って木にも登る。夜行性。主食は果実や葉,茎で,リスのように前肢を使って食べる。 1873年に発見されて以来,観察例が少く,詳しい生態はわかっていない。コロンビアからボリビア西部のアンデス山脈分布

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のパカラナの言及

【パカ】より

…飼育下での寿命は16年以上。 外形がよく似たものに,コロンビアからボリビアの高地にすむパカラナpacarana,Dinomys branickiiがあるが,体長73~79cmで,尾が長く約20cmある。類縁は遠く,齧歯目パカラナ科に属する。…

※「パカラナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

パカラナの関連キーワード齧歯類

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android