コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パッフィンビリー鉄道 パッフィンビリーてつどう

世界の観光地名がわかる事典の解説

パッフィンビリーてつどう【パッフィンビリー鉄道】

オーストラリア第2の都市メルボルンから東に車で約1時間のところにある、オーストラリアで最も古いといわれる蒸気機関車。もともと、未開の地を切り開くために20世紀初頭に建設された、762mmゲージ狭軌(きょうき)鉄道の一つ。1953年に山崩れが発生し、赤字のために路線は閉鎖された。1962年に修復されて人々の交通手段として使用されていたが、現在は観光列車となっている。木造橋や眺望など見どころも多い。◇現地名は「Puffing Billy Railway」。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

パッフィンビリー鉄道の関連キーワードオーストラリア

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パッフィンビリー鉄道の関連情報