コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パトラ ぱとら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パトラ

パトレ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のパトラの言及

【イカット】より

…発生と伝播の経路については判然としていないが,過去の染織文化の交流から,インドを中心に西はイラン地方から南ヨーロッパへ,東は中国および東南アジア,さらに琉球,日本へと伝播していき,一方チリ,グアテマラなど中南米の絣は独自に発生したものではないかと考えられている。今日知られている世界の絣で最も代表的なものを挙げると,インドの婚礼用サリーに用いられるパトラpatolaと呼ばれる絹の経緯絣,北インド,イラン地方の絹のビロード絣,トルキスタン地方の華やかな絹の経絣,そしてインドネシアの木綿絣などがある。とくにインドネシアでは木綿の経絣が最も多く,ほとんど全域で行われている。…

※「パトラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

パトラの関連キーワード真紅なる海に祈りを アントニーとクレオパトラプトレマイオス13世テオス・フィロパトルプトレマイオス15世カエサルアギオスアンドレアス教会アントニーとクレオパトラネロとパトラッシュの像ジュリオ・チェーザレヒルデガード ニールアレクサンドリア戦争アルメン ナザリャンアクティウムの海戦アレクセイ ミチンパトラウツィ修道院G. パパンドレウフランダースの犬タマラ ドブソンアクチウムの海戦クレオパトラの鼻美しき麗しき日々アンチオコス8世

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パトラの関連情報