コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パノラマ撮影 パノラマさつえいpan

翻訳|pan

2件 の用語解説(パノラマ撮影の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パノラマ撮影
パノラマさつえい
pan

映画・写真技術用語。略してパン撮影,または単にパンともいう。映画では,撮影機の中心軸を固定したまま,右または左の水平方向へ旋回移動撮影をすること。カメラが首を横に振って,対象を眺め渡したり,対象の動きを追ったりする。写真では,横長,あるいは縦長に撮れるカメラで撮影する方法。おもに雄大な景色を撮るのに適している。デジタルカメラの機能向上に伴い,カメラを振りながら高速連写し,それをカメラ内で合成してパノラマ写真を作成するソニーの「スイングパノラマ」や,360°のパノラマが撮れる富士フイルムの「ぐるっとパノラマ」など,パノラマ撮影機能を搭載した機種が発売され,フィルムカメラでは難しかったパノラマ写真が簡単に楽しめるようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パノラマ撮影の関連情報