コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パラウストラロピテクス・エチオピクス パラウストラロピテクス・エチオピクスParaustralopithecus aethiopicus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パラウストラロピテクス・エチオピクス
Paraustralopithecus aethiopicus

1967年,エチオピア南西部のオモ地方で,カミーユ・アランブールとイブ・コッパンが発見した猿人。2人は頑丈な型の下顎骨を発見した。新生代の約 250万年前の地層から出土したためアウストラロピテクス亜科の原始的な属と考えられ,この名がつけられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

パラウストラロピテクス・エチオピクスの関連キーワードヨネスケトヨタセンチュリーVG20Dロータリエンジン 10A 型ボンゴ野坂昭如アジアカップ恵庭事件北欧映画カーターソユーズ

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone