コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パラカス文化 パラカスぶんかParacas culture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パラカス文化
パラカスぶんか
Paracas culture

ペルー南部のパラカス半島を中心に栄えたアンデス文明の形成期文化の一つ。砂漠のなかの地下式墳墓から発見された多数ミイラと豪華な織物に特色がある。前期のカベルナス期 (前 800~500) はあぶみ形注口壺やネコ科の獣神の文様などにチャビン文化影響が認められる。後期のネクロポリス期 (前 500~300) には華麗な羽毛のうちわや黄金の装飾品,また多彩色土器も多数製作され,次のナスカ文化に影響を与えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のパラカス文化の言及

【パラカス】より

…ペルー中部の太平洋岸にある小半島を中心とする地域。古代アンデス文明形成期から古典期にかけてのパラカス文化の墓地遺跡が多い。乾燥した砂漠地帯にあるため,数百体におよぶミイラがほぼ完全な状態で発見されている。…

※「パラカス文化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

パラカス文化の関連キーワードカンデラブロ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パラカス文化の関連情報