コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パラチヌス丘 パラチヌスきゅうMons Palatinus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パラチヌス丘
パラチヌスきゅう
Mons Palatinus

古代ローマ市のローマ七丘の1つ。テベレ川の東岸にあたり,古代遺跡の中心をなすフォールム・ロマーヌムを見おろし,東のコロセウムと向い合った位置にある。ローマの建設者ロムルスがこの丘をもってローマの限界としたところで,丘上には競技場跡,斜面には多くの神殿,建物の遺跡が発掘されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android