コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パラフレニー paraphrenia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パラフレニー
paraphrenia

ドイツの精神科医エミール・クレペリンが提唱した概念で,情緒面の障害はほとんどないにもかかわらず,著しい妄想を主症状とし,幻覚を伴う精神病をさす。クレペリンは早発痴呆 (のちの統合失調症 ) とともに妄想性痴呆という概念を設定し,両者を合わせて内因性痴呆と呼んだが,この妄想性痴呆をのちにパラフレニーと名づけた。過半数は迫害妄想と誇大妄想を合わせてもち,慢性,進行性の経過をとる。その後,この型の精神病は独立した疾患とは認められなくなり,統合失調症の妄想型と考えられるようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

パラフレニーの関連キーワードパラノイア精神外科

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android