コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パラメトリック増幅器 パラメトリックぞうふくき parametric amplifier

1件 の用語解説(パラメトリック増幅器の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

パラメトリックぞうふくき【パラメトリック増幅器 parametric amplifier】

マイクロ波帯の増幅を行う装置。印加電圧によって容量が変化する可変容量ダイオードなどの非線形リアクタンスポンプ呼ばれる高周波fpで励振しておき,これにf1という,より低い周波数の信号を加えると,fpから加えた電力pf1fpf1の二つの周波数にpf1/fpp(fpf1)/fpの割合で分配される。結局f1の信号にfpの電力が乗り移ったことになり,負性抵抗形の増幅作用をもつ。fpf1の電力はアイドラーと呼ばれる共振回路で吸収する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

パラメトリック増幅器の関連キーワードエサキダイオードガン効果クライストロンマイクロ波マイクロ波着陸装置マイクロ波加熱ワイヤレスマイクロホンマイクロ回線マイクロ波誘電加熱マイクロマニピュレーター

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone