コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱雑音 ねつざつおんthermal noise

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱雑音
ねつざつおん
thermal noise

導体中の電子は熱によって不規則な運動をしているので,その両端には動揺した電圧が現れる。これを熱雑音と呼ぶ。 H.ナイキストは,その性質について次のことを示した。開放した導体の絶対温度を T ,抵抗を R とすると,その両端に発生する雑音電圧 v の2乗平均は周波数 f に対して一様に分布しており (白色雑音) ,ff+Δf との間にある熱雑音電圧は, の平方根である ( kB はボルツマン定数を表わす) 。また,その導体を短絡すれば 平方根に等しい熱雑音電流が流れる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ねつ‐ざつおん【熱雑音】

抵抗内の電子またはイオンの不規則な熱運動によって生じる電気的な雑音。電子回路には必ず存在する。この現象を発見した米国ベル研究所のジョン=ジョンソン、ハリー=ナイキストの名前から、ジョンソン雑音ジョンソンナイキスト雑音ともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

熱雑音
ねつざつおん

電気的な雑音の一つ。抵抗体の内部では電気伝導を担っている電子などのキャリアが、不規則な熱運動をしており、そのために電圧・電流の統計的な揺らぎを生ずる。これを熱雑音といい、ジョンソン雑音、抵抗雑音ともいう。[若井 登]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の熱雑音の言及

【雑音】より

…目的とする信号量をS,雑音量をNとして,S/Nを信号雑音比またはSN比という。熱雑音や不確定性原理によって生ずる量子雑音は,原理的に避けることができず,信号の検出の感度に原理的限界を与える。 雑音は,ラジオ受信機などの無線機や音響機器などではその発生原因により,雑音を内部雑音と外部雑音に分けている。…

※「熱雑音」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

熱雑音の関連キーワードジョンソンナイキストノイズアダプティブアンテナハリー ナイキスト符号分割多元接続ナイキストの定理ジョンソンノイズ炭素被膜抵抗器ボルツマン定数赤外線望遠鏡揺動散逸定理熱雑音温度計KAGRA低温物理学統計力学あかり極低温ゆらぎ物性論若井