コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱雑音 ねつざつおん thermal noise

3件 の用語解説(熱雑音の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱雑音
ねつざつおん
thermal noise

導体中の電子は熱によって不規則な運動をしているので,その両端には動揺した電圧が現れる。これを熱雑音と呼ぶ。 H.ナイキストは,その性質について次のことを示した。開放した導体の絶対温度T ,抵抗を R とすると,その両端に発生する雑音電圧 v の2乗平均は周波数 f に対して一様に分布しており (白色雑音) ,ff+Δf との間にある熱雑音電圧は, の平方根である ( kBボルツマン定数を表わす) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ねつ‐ざつおん【熱雑音】

抵抗内の電子またはイオンの不規則な熱運動によって生じる電気的な雑音。電子回路には必ず存在する。この現象を発見した米国ベル研究所のジョンジョンソンハリー=ナイキストの名前から、ジョンソン雑音、ジョンソンナイキスト雑音ともいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

熱雑音
ねつざつおん

電気的な雑音の一つ。抵抗体の内部では電気伝導を担っている電子などのキャリアが、不規則な熱運動をしており、そのために電圧・電流の統計的な揺らぎを生ずる。これを熱雑音といい、ジョンソン雑音、抵抗雑音ともいう。[若井 登]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の熱雑音の言及

【雑音】より

…目的とする信号量をS,雑音量をNとして,S/Nを信号雑音比またはSN比という。熱雑音や不確定性原理によって生ずる量子雑音は,原理的に避けることができず,信号の検出の感度に原理的限界を与える。 雑音は,ラジオ受信機などの無線機や音響機器などではその発生原因により,雑音を内部雑音と外部雑音に分けている。…

※「熱雑音」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

熱雑音の関連キーワード電子放出伝導電子フントの規則有効質量ランジュバン方程式不規則ジョンソン雑音デンバー効果ランダム運動物質移動

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone