パラメトリック増幅(読み)パラメトリックぞうふく

百科事典マイペディアの解説

パラメトリック増幅【パラメトリックぞうふく】

ふつうの電気回路のパラメーター(インダクタンスや静電容量)は時間,電圧,電流に無関係な定数であるが,可変容量ダイオードなどの特殊な回路素子(パラメトリック増幅素子)を使うとパラメーターを周期的に変化させることができる。パラメトリック増幅素子を含む電気回路に電気信号を加え,パラメトリック増幅素子を電気信号とは異なる周波数の電源(ポンプ電源)で励振してやると,信号の増幅が行われる。これをパラメトリック増幅といい,低雑音特性を利用してマイクロ波増幅や周波数変換に利用される。
→関連項目パラメトロン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のパラメトリック増幅の言及

【周波数変換】より

…このときf2の電力が変換されて,(f1f2)/f1の利得が得られる。これをパラメトリック増幅作用と呼び,マイクロ波の電力増幅器などに用いられている。図にAM放送受信機の周波数変換回路を示す。…

※「パラメトリック増幅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android