コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パラメトリック増幅 パラメトリックぞうふく

百科事典マイペディアの解説

パラメトリック増幅【パラメトリックぞうふく】

ふつうの電気回路のパラメーター(インダクタンスや静電容量)は時間,電圧,電流に無関係な定数であるが,可変容量ダイオードなどの特殊な回路素子(パラメトリック増幅素子)を使うとパラメーターを周期的に変化させることができる。
→関連項目パラメトロン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のパラメトリック増幅の言及

【周波数変換】より

…このときf2の電力が変換されて,(f1f2)/f1の利得が得られる。これをパラメトリック増幅作用と呼び,マイクロ波の電力増幅器などに用いられている。図にAM放送受信機の周波数変換回路を示す。…

※「パラメトリック増幅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

パラメトリック増幅の関連キーワードマイクロ波用ダイオードパラメトリック回路スクイズド状態バリキャップ高周波増幅器電波望遠鏡ダイオード障壁容量増幅器

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android