パラメータ励振(読み)パラメータれいしん(英語表記)parametric excitation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パラメータ励振
パラメータれいしん
parametric excitation

系の振動を決めるパラメータ (→媒介変数 ) 。たとえば振り子の糸の長さや重力加速度の周期的な変化により振幅が増大する現象。ブランコを漕ぐのはその例で,振動に合せて足を屈伸して重心を上下することにより相当単振り子の長さを変化させてふれを大きくしている。機械の回転軸が不均等にすりへって偏平な断面になると,方向によって曲げ剛性が違うのでパラメータ励振により軸の異常なたわみ振動を生じる。電気振動回路では,コイルのインダクタンスまたはコンデンサの容量を周期的に変化させたときのパラメータ励振を増幅器として利用する。パラメトロンはこのような励振に用いられる回路素子である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android