コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぶらんこ ぶらんこ

5件 の用語解説(ぶらんこの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ぶらんこ
ぶらんこ

フラココ,ユサハリなどともいい,漢語で鞦韆 (しゅうせん) という。2本の綱を木の枝などから垂らし,下に横木をつけ,それに乗って前後に振動させる運動遊具。宋代の『事物起原』には『古今芸術図』を引用して,もと北狄 (ほくてき) の技で中国に移入されたとある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ぶらんこ

つり下げた2本の綱の下端に板,箱を渡し,これに乗って前後に揺り動かす遊戯具。名はポルトガル語のバランソに由来するとの説もあり,日本では古くは〈ぶらここ〉〈ゆさはり〉等といった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

ぶらんこ

フランスの画家ジャン・オノレ・フラゴナールの絵画(1767)。原題《Les hasards heureux de l'escarpolette》。『ぶらんこの絶好のチャンス』とも呼ばれる。18世紀ロココ様式を代表するフラゴナールによる賀宴画の一つ。ぶらんこに乗る若い女性と愛人である貴族の男性を描いたもの。ロンドン、ウォレス・コレクション所蔵。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぶらんこ

つり下げた2本の綱の下端に板を渡し,これに乗って前後に揺り動かして遊ぶもの。ぶらんことはポルトガル語のbalançoに由来するという説があるが,よくわからない。
[ぶらんこの分布]
 ぶらんこは世界各地にみられるが,旧大陸におけるぶらんこは,伝播の中心地をメソポタミア(前3千年紀中ごろのマリ)とインド(前2千年紀後半のベーダ時代)とにもっている。インドのぶらんこがメソポタミアからの伝播であるか否かは,伝播である可能性を大きくもちながらも,最終決着はまだみない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ぶらんこ
ぶらんこ

揺動式遊戯器具の一つ。横木の両端を2本の綱で吊(つ)り、その横木に腰掛けて前後に揺り動かす形式が代表的である。箱型のもの、4本吊りで向かい合って座るもの、ロッグ・スイングとよばれる、子供たちが同時に数人から12、3人も乗って遊べるもの、ハンモック・スイング、チェア・スイング、パーク・スイング、クライミング・スイング、ロッカー・バイ・スイング、ローン・スイングなど種類がきわめて多い。[山崖俊子]

民俗

古くは「ゆさはり」「ゆさぶり」、のちに「ふらここ」ともよばれた。揺れ動く状態を表したことばで、ポルトガル語のバランソbalancoが語源ともいう。古代ギリシアなどでは春が訪れると性的な生産の意味や豊作のまじないに、女性がこれに乗って動かす習俗があった。中国では春の季節、寒食(かんしょく)(冬至後105日目の日)に長い縄を高い木にかけ、横木の両端をその2本の縄で吊り、女子がこれに座し揺り動かして遊ぶ行事があり、唐時代には玄宗(げんそう)皇帝が羽化登仙(うかとうせん)(人間に羽が生えて仙人となり天に登ること)の感を味わうとの意味から「半仙戯」の名を与えた。朝鮮ではクネとよばれ、端午の日に女子の成年儀礼として行われる。日本にも渡来し、平安初期には宮中でも盛んに行われた。承平(じょうへい)年間(931~938)源順(したごう)の著『倭名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)』には「和名由佐波利(ゆさはり)、以綵縄(さいじょう)懸空中、以為戯也」とある。鞦韆(しゅうせん)、秋千とも書き、嵯峨(さが)天皇の『鞦韆』の詩にも当時の貴族階級の間での流行ぶりが示されている。江戸時代には一般に「ぶらんこ」とよばれるようになり、子供の遊び道具として普及した。俳句の季語としても扱われ、1829年(文政12)の『一茶句集』に「ぶらんこや桜の花を持ちながら」とある。明治期以後は体育具として西洋式のものが移入され、学校、遊園地などに設置された。さらに幼児向きの室内用のものなど各種がある。[斎藤良輔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のぶらんこの言及

【端午】より

…宮廷ではこの日端午扇と災をはらう玉枢丹という薬を臣下に下賜した。一方,古く〈馬韓伝〉の五月下種後の国中祭天の記事が示すように,現在でもこの日には各地で朝鮮固有の部落祭であるソナンダン(城隍堂)祭や石戦(石合戦),相撲,鞦韆(しゆうせん)(ぶらんこ),嫁樹等の祈豊的農耕儀礼が行われている。南朝鮮では旧暦8月15日の中秋節(秋夕)が重要視されるのに対して北朝鮮では端午節が最も重要な名節であり,各地で男子の相撲(シルム)と女子の鞦韆の大会が盛大に行われている。…

※「ぶらんこ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ぶらんこの関連キーワード切下げつり輪上げたり下げたり下げ棚釣り下げる・吊り下げる・釣下げる繰下げ釣下げる釣棚釣橋吊り輪

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ぶらんこの関連情報