コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パリ・オペラ座 パリオペラざ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パリ・オペラ座
パリオペラざ

オペラ座[パリ]」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パリ・オペラ座
ぱりおぺらざ
Thtre National de l'Opra, Paris

フランスを代表するオペラ劇場。1669年設立の王立音楽アカデミーが起源で、その後たびたび名称変更、移転を繰り返した。現在の壮麗な大歌劇場は1875年ガルニエの設計で完成、ガルニエ宮ともよばれる。とくに19世紀はヨーロッパのオペラ活動の中心の一つで、ロッシーニ『ウィリアム・テル』、マイヤベーアのグランド・オペラ『ユグノー教徒』、ベルディの『ドン・カルロス』をはじめ多数の作品が初演された。
 第二次世界大戦後低調な時期があったが、1973年スイスの作曲家・オペラ監督ロルフ・リーバーマンRolf Liebermann(1910― )を総監督に迎えて復興した。1989年にバスチーユ広場に面して新しいオペラ劇場が完成してからは、オペラはおもにこの新オペラ座(バスチーユ歌劇場)で上演され、旧来のオペラ座(ガルニエ宮)ではバレエを上演することが多いが、区分は明確でない。専属のオーケストラ、バレエ団、合唱団、舞台スタッフを擁し、ダンス学校、オペラ歌手養成センターも併設している。[美山良夫]
『ミッシェル・サラザン著、木村博江訳『パリ・オペラ座――夢の聖堂の秘密』(1989・音楽之友社) ▽竹原正三著『パリ・オペラ座――フランス音楽史を飾る栄光と変遷』(1994・芸術現代社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

パリ・オペラ座の関連キーワードペロー(Jules Joseph Perrot)デュポン(Patrick Dupond)デジレ・エミール アンゲルブレシュトジョルジュ セバスティアンミリアム ウルド・ブラームパリ・バスティーユ管弦楽団ブリジット ルフェーヴルパリ・オペラ・コミック座パリ国立歌劇場管弦楽団イヴェット ショヴィレフィリップ ジョルダンバンジャマン ペッシュレティシア ピュジョルエリザベット プラテルドミニク カルフーニモニク ルディエールパトリック デュポンマリ・アニエス ジロクレールマリ オスタアニエス ルテステュ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パリ・オペラ座の関連情報