パリ・クラブ(読み)パリクラブ

百科事典マイペディアの解説

パリ・クラブ

日本や米国など主要国による債権国会議のこと。フランスのパリで会議が開催されることからパリ・クラブと呼ばれる。1956年,資金繰りが苦しくなった国が公的債務(政府債務および政府保証付債務)の繰延べや削減をフランス大蔵省に要請したのが始まり。議長はフランス大蔵省国庫局次長が務める。IMF(国際通貨基金)やBIS(国際決済銀行)と連絡をとりつつ,特定の債務国と多数の債権国によって公的債務の返済,繰延べ,削減の大枠が設定され,詳細はその後の2国間協定で確定する。 最近の活動をみると,1991年3月の会合で各国がポーランドの公的債務を50%以上削減することが決定された。1995年にはカンボジア,ウガンダ,トーゴ,ギニア・ビサウ,チャドの5最貧国に対して同年中に返済期限がくる債務の67%を削減,支払いの繰延べも決定された。1996年には,ロシアが旧ソ連から引き継いだ対外公的債務約450億ドルの約9割に当たる400億ドル強について,返済期限を最長25年繰り延べることで合意。一方1997年9月には,旧ソ連および旧東欧諸国に債券をもつロシアも債権国としてパリ・クラブに加盟した。2005年現在,加盟国は19。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android