コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パレオソム palaeosome, palasome, paläsome

岩石学辞典の解説

パレオソム

最初は交代鉱床の主な物質に使用されたが[Boydell : 1926],その後,特にミグマタイトの一部でアナテクシスの過程で残った固体部分に使用されている[Scheumann : 1936].ミグマタイトの仮想的な原岩を指し,メソソムおよびパレオソムはいずれもミグマタイト複合体の一部であってネオソムではなく,一般に普通の変成岩の外見を示すものをいう[Henkes & Johannes : 1981].パレオソムは複合岩体の部分で,アナテクシスの過程で残ったもので,伴われる岩石よりも古いものである.普通に用いられる語である.メーネルトはミグマタイトをパレオソムとネオソムの二つに区分し,パレオソムはミグマタイトの原岩としているが,ヨハネスはこの語は成因的な意味があり,純粋な記載には避けるべきであるとしている[Mehnert : 1968, Johannes : 1983].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

パレオソムの関連キーワードストロマティック・ミグマタイトショーレンオフサルミック構造ディクティオナイトシュリーレン構造メタブラステシスアグマティックアグマタイトシュリーレンプロトリスショーレン斑点構造筏状組織均質

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android