コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パロキアリズム Parochialism

翻訳|Parochialism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パロキアリズム
Parochialism

元来はキリスト教の小教区 paroecia (ラテン語) ,parish (英語) に起源をもつ言葉で,見解や趣味などが地方的で偏狭なことを意味する。今日の国際関係では,国民国家の枠によって内と外とを分け,自国内部で見慣れた価値や行動にのみ価値を与え,さらにはそれを独善的に拡張しようとする態度をさす。偏狭なナショナリズムと同義的に,コスモポリタニズムトランスナショナリズムとは反義語的に用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

パロキアリズムの関連キーワード政治文化

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android