パロキアリズム(英語表記)Parochialism

翻訳|parochialism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パロキアリズム
Parochialism

元来はキリスト教の小教区 paroecia (ラテン語) ,parish (英語) に起源をもつ言葉で,見解や趣味などが地方的で偏狭なことを意味する。今日の国際関係では,国民国家の枠によって内と外とを分け,自国内部で見慣れた価値や行動にのみ価値を与え,さらにはそれを独善的に拡張しようとする態度をさす。偏狭なナショナリズムと同義的に,コスモポリタニズムトランスナショナリズムとは反義語的に用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android