コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パロス島碑文(読み)パロスとうひぶん

世界大百科事典 第2版の解説

パロスとうひぶん【パロス島碑文】

ヘレニズム時代にキクラデス諸島中のパロスParos島に建てられた大理石板の年代記。通称はラテン語でMarmor Parium(〈パロスの大理石〉の意)。二つの断片として残るが,非常に貴重なもの。その一つは1627年スミュルナ(イズミル)からロンドンへ運ばれ,現在オックスフォード大学に保存されており,他の一つは1897年パロスで発見され,同島の博物館にある。アテナイ最初の王とされるケクロプスKekrops時代から筆者自身の時代(前264か前263)までの政治的・文化的諸事件を列挙し,年代は自身の時代からさかのぼって数えている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android