コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パロス・デ・ラ・フロンテラ Palos de la Frontera

世界大百科事典 第2版の解説

パロス・デ・ラ・フロンテラ【Palos de la Frontera】

スペイン南部ウエルバ県,ティント川に面する人口3353(1979)の村。パロスは近くの町モゲル(詩人ヒメネスの生地)とともに,15世紀末に始まる大航海時代の出帆地であった。コロンブスは1485年同村に着き,ラ・ラビダ修道院長フアン・ペレスを知り航海計画を話した。7年後の1492年8月3日,カトリック両王の援助を得て,パロス港から出帆し,翌年3月15日に同港に帰還した。この港は現在は砂に埋もれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

パロス・デ・ラ・フロンテラの関連キーワードコルテス

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android