コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パロス Palos

大辞林 第三版の解説

パロス【Palos】

スペイン南西部の大西洋に臨む港町。1492年コロンブスの第一回探検旅行出航の地。港は現在は閉鎖。パロス-デ-ラ-フロンテラ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パロス
ぱろす
Palos de la Frontera

スペイン南西部、ウェルバ県の村で、大航海時代の港町。人口7314(2001)。県都ウェルバの北東4キロメートルにある。1492年8月3日コロンブスがサンタ・マリア号でここの港から出帆し、翌年3月15日に帰港、同9月の第二次航海もここから船出した。1528年5月にはメキシコから戻ったコルテスもここに上陸した。この港は砂に埋没した。[田辺 裕・滝沢由美子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

パロスの関連キーワードパロス・デ・ラ・フロンテラエカトンタピリアニ教会パロスデラフロンテラトラヤヌス帝記念柱アポロン[テネア]サルダナパールの死キクラデス[諸島]いがらし ゆみこアンティパロス島ピンソン(兄弟)パロスの年代表キクラデス諸島国府田 敬三郎キクラデス文明アゴラクリトスペンデリコン山ミロのビーナスミルティアデスタソス[島]ミルチアデス

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パロスの関連情報