コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンクーク Panckoucke

世界大百科事典 第2版の解説

パンクーク【Panckoucke】

北フランスのリール市に17世紀末から住みついた印刷業者の家系。アンドレ・ジョゼフAndré‐Joséph(1703‐53)は自らも筆をとるほどの人物で,一家を隆盛に導いた。息子たちの中では長男のシャルル・ジョゼフCharles‐Joséph(1736‐98)が大出版業者として知られる。パリで修業後,リールに帰郷,父の死後家業を継いだ。1764年からパリに住み,啓蒙哲学者たちの理想に共鳴してボルテールルソービュフォンらと交わり,またルクレティウスタッソを翻訳する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

パンクークの関連キーワード百科全書

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android