コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンスターズ彗星 ぱんすたーずすいせいComet PANSTARRS

知恵蔵miniの解説

パンスターズ彗星

米国ハワイ州・マウイ島ハレアカラに設置されたパンスターズ1望遠鏡により、2011年6月に発見された彗星ちり鉱物を含んだ主成分の氷が太陽の熱で溶け、尾となって輝いて見える。同彗星が太陽に接近するのは13年の1度のみで、その後は二度と地球周辺に戻ってこないと考えられている。日本では彗星が太陽に最も近づく同年3月10日以降、日の入り後の西の空の低い位置に見られるようになり、3月下旬から4月上旬には日の出前の東の空の比較的高い位置でも観測が可能となる。明るさは肉眼で見える3等級程度と予測されている。

(2013-3-6)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パンスターズ彗星
ぱんすたーずすいせい
Comet Pan-STARRS

国際的な全天観測計画であるパンスターズ(Pan-STARRS:Panoramic Survey Telescope And Rapid Response System)により2011年6月に発見された彗星。2013年の春(3月から4月にかけて)、太陽に最接近して0等級の大彗星になると期待されたが、実際の光度は3等級にとどまった。そのため、肉眼による観測はむずかしかったものの、双眼鏡や写真などで美しい彗星の姿を見ることはできた。この彗星は非周期彗星であるため、今後、二度と太陽には近づかず、太陽系から離れて行くと予想される。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android