コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンスターズ彗星 ぱんすたーずすいせい Comet PANSTARRS

2件 の用語解説(パンスターズ彗星の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

パンスターズ彗星

米国ハワイ州マウイ島ハレアカラに設置されたパンスターズ1望遠鏡により、2011年6月に発見された彗星。ちりや鉱物を含んだ主成分の氷が太陽の熱で溶け、尾となって輝いて見える。同彗星が太陽に接近するのは13年の1度のみで、その後は二度と地球周辺に戻ってこないと考えられている。日本では彗星が太陽に最も近づく同年3月10日以降、日の入り後の西の空の低い位置に見られるようになり、3月下旬から4月上旬には日の出前の東の空の比較的高い位置でも観測が可能となる。明るさは肉眼で見える3等級程度と予測されている。

(2013-3-6)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パンスターズ彗星
ぱんすたーずすいせい
Comet Pan-STARRS

国際的な全天観測計画であるパンスターズ(Pan-STARRS:Panoramic Survey Telescope And Rapid Response System)により2011年6月に発見された彗星。2013年の春(3月から4月にかけて)、太陽に最接近して0等級の大彗星になると期待されたが、実際の光度は3等級にとどまった。そのため、肉眼による観測はむずかしかったものの、双眼鏡や写真などで美しい彗星の姿を見ることはできた。この彗星は非周期彗星であるため、今後、二度と太陽には近づかず、太陽系から離れて行くと予想される。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パンスターズ彗星の関連キーワードハレアカラ国立公園ハワイ諸島マウイ島マウナケアマウイマラソンオヘオの池マウイ島のアトランティスサブマリンワイレアビーチマウイ[島]ハワイ[諸島]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パンスターズ彗星の関連情報