コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンチャーラ Pañcāla

世界大百科事典 第2版の解説

パンチャーラ【Pañcāla】

インド,後期ベーダ時代(前1000ころ‐前700から前600ころ)に,ガンガー(ガンジス),ヤムナー両河間地帯(ドアーブdoāb)の中部に拠っていたアーリヤ人部族,および彼らの国家,領土の呼称。北方のクル族と戦争,同盟を繰り返したため,しばしば〈クル・パンチャーラ〉と並記される。伝説では,この国の王家をバラタ族の系統とする。また,この国に出たプラバーハナ・ジャイバリPravāhana Jaivali王は,ウパニシャッド哲学の学者として知られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

パンチャーラの関連キーワードウッタル・プラデーシュ[州]チャウラパンチャーシカーウッダーラカ・アールニクル・パンチャーラドラウパディービルハナ十六大国

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android