コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンド県 パンドPando

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パンド〔県〕
パンド
Pando

ボリビア北端の県。県都コビハ。高温多雨のアマゾン低地にあり,北と東はブラジル,西はペルーと国境を接する。ほぼ全域がアマゾン川右岸支流マデイラ川の流域に属し,マドレデディオス川をはじめとする多数の川が東北流する。熱帯雨林におおわれた未開発地域で,同国で最も人口密度が低い県となっている。主産業は林業で,ゴム,キニーネブラジルナッツ,硬質材などを産する。ほかにイネ,サトウキビキャッサバ,バナナ,トウモロコシなどの栽培が行われる。交通の便がきわめて悪く,水路が重要な交通路となっていたが,近年北のブラジルを通るアマゾン横断道路から分岐する道路が県都などに通じるようになった。面積6万 3827km2。人口3万 7785 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android