パンヌス(読み)ぱんぬす

  • pannus

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

多数の結膜血管が目の角膜上皮内に侵入した状態をいう。トラコーマにもっとも多くみられるが、そのほか潰瘍(かいよう)やフリクテンなどの角膜表層の炎症や外傷とその回復期など、角膜になんらかの原因となる疾患があるときにみられる。また、ソフトコンタクトレンズを長期にわたって装用したときも、角膜の周囲より細い血管が入ってくることがあり、コンタクトレンズによる角膜の障害がおきていると考えられるので、医師の相談を受けるのがよい。

[中島 章]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のパンヌスの言及

【トラコーマ】より

…おもに上方の球結膜から角膜に向けて,浅在性血管への侵入が始まる。これをパンヌスpannusと呼ぶ。この時期までは視力の大きな低下はない。…

※「パンヌス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android