角膜混濁(読み)かくまくこんだく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本来、透明な組織である角膜が混濁する疾患をいう。角膜が病的状態になると、白く濁ったり、周囲から血管が入ってきたりする。この血管侵入が表層に限られている場合をパンヌスpannusという。角膜疾患、たとえば角膜ヘルペス、梅毒、角膜潰瘍(かいよう)の急性期では、角膜の一部や全体が白く濁り、また浮腫(ふしゅ)(むくみ)のある場合には角膜の厚さが増したり、表面の凹凸不正が強くなったりする。さらに、パンヌス以外にも角膜実質内に血管が侵入することもある。一般に炎症が消退するにつれ、角膜混濁は徐々に減少し、混濁の淡い角膜片雲、混濁の強い角膜白斑(はくはん)といわれるような部分的な角膜の濁りを残す。以上のような炎症性疾患のほかにも、角膜混濁をきたす疾患として、生まれつきの角膜変性をはじめ、外傷や薬物の飛入などもある。治療としては、原疾患の治療を行うが、混濁が残ったときには多くの場合、角膜移植などが行われる。

[中島 章]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android