コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角膜混濁 かくまくこんだく

2件 の用語解説(角膜混濁の意味・用語解説を検索)

レーシック関連用語集の解説

角膜混濁

本来透明である角膜が、様々な原因により、濁ってしまう症状です。部分的なものと、広範囲にわたるものがあります。先天的に起こる場合と、傷や眼の疾患による炎症が原因で起こる場合があります。 

出典|レーシックNET
copyright(C) レーシック・NET All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

角膜混濁
かくまくこんだく

本来、透明な組織である角膜が混濁する疾患をいう。角膜が病的状態になると、白く濁ったり、周囲から血管が入ってきたりする。この血管侵入が表層に限られている場合をパンヌスpannusという。角膜疾患、たとえば角膜ヘルペス、梅毒、角膜潰瘍(かいよう)の急性期では、角膜の一部や全体が白く濁り、また浮腫(ふしゅ)(むくみ)のある場合には角膜の厚さが増したり、表面の凹凸不正が強くなったりする。さらに、パンヌス以外にも角膜実質内に血管が侵入することもある。一般に炎症が消退するにつれ、角膜混濁は徐々に減少し、混濁の淡い角膜片雲、混濁の強い角膜白斑(はくはん)といわれるような部分的な角膜の濁りを残す。以上のような炎症性疾患のほかにも、角膜混濁をきたす疾患として、生まれつきの角膜変性をはじめ、外傷や薬物の飛入などもある。治療としては、原疾患の治療を行うが、混濁が残ったときには多くの場合、角膜移植などが行われる。[中島 章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

角膜混濁の関連キーワード円錐角膜角膜潰瘍眼球乾燥症不法原因給付角膜移植角膜軟化症副因乾性角結膜炎生理的落果アネモクラスティック

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone