コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

眼科 がんか ophthalmology

翻訳|ophthalmology

6件 の用語解説(眼科の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

眼科
がんか
ophthalmology

視器と視覚の構造,機能を研究し,性能の維持,病気の予防と治療,老化対策を開発する医学の一部門。人類に大きく貢献した一例として,めがねの開発があげられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

がん‐か〔‐クワ〕【眼科】

目の疾患の治療・予防などを研究する臨床医学の一分野。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

眼科【がんか】

臨床医学の一部門。眼科学は視器(眼球とその付属器官)に関する解剖,生理,病理,治療,予防などを取り扱う医学分野で,古くは外科学に属していたが,19世紀に入って,ヘルムホルツ検眼鏡の発明や手術技の進歩とともに独立分野となった。
→関連項目標榜診療科

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

がんか【眼科 ophthalmology】

眼の病気や治療などを取り扱う,眼に関する医学の専門分野。眼球(角膜・強膜・虹彩・毛様体・脈絡膜・水晶体・硝子体・眼底),および視神経,眼球付属器(眼瞼・涙器・結膜・眼筋・眼窩(がんか))の疾患と,視機能(視力・視野・色覚・光覚・屈折・調節・眼位・眼球運動・両眼視)の異常を取り扱う。 眼は高血圧症,糖尿病をはじめ,多くの全身疾患のさいに症状を現してくる場であるため,種々の全身疾患の診断,程度および予後の判定にも眼科は重要な役割を担っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

がんか【眼科】

眼に関する診療・予防・研究を行う、医学の一分科。 「 -医」 「 -学」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

眼科
がんか

眼科学ophthalmologyの診療科目名。眼科学は、眼球とその付属器(眼瞼(がんけん)、外眼筋、涙器など)の構造、機能、疾患などを研究し、その治療にあたる臨床医学の専門分科である。眼疾患の治療の歴史は紀元前にもさかのぼるが、眼科が外科から分離独立したのは19世紀で、実質的な発展は1851年のヘルムホルツによる検眼鏡発明などを契機としている。日本では延文(えんぶん)年間(1356~61)に、すでに眼科専門医(馬島(ましま)流眼科の始祖清眼僧都(せいがんそうず))が存在した。1815年(文化12)には杉田立卿(りゅうけい)が『眼科新書』を刊行しており、西洋眼科医学書の最初の訳書とされている。江戸末期には関東の土生玄碩(はぶげんせき)、関西の高良斎(こうりょうさい)が眼科医として知られた。近代眼科学は明治維新後にドイツ眼科学が採用され、東京の大学東校でB・C・L・ミュラーらのドイツ人教師が講義した。日本人の最初の眼科教授はドイツ留学から帰朝した梅錦之丞(きんのじょう)で、1884年(明治17)東京大学医学部の教授に就任したが翌年病没し、実質的に眼科学講座を開いたのは1889年帝国大学医科大学の教授に就任した河本重次郎である。
 眼科には大別して赤眼外来red eye clinicと白眼外来white eye clinicとがある。赤眼外来は、目の外眼部に炎症をおこして、外見上、目が赤くみえるのでこの名でよばれる。おもに衛生環境が悪く、汚物や細菌などが目に入って結膜炎などをおこすことによる。日本でも大正中期(1920年ころ)まではトラコーマが猛威を振るった。
 これに対して白眼外来は、外見上なんら異常がないのに視力が減退したり、視野が狭くなるなどの眼症状が現れるものをいう。高血圧による眼疾患についてみると、近年、栄養状態がよくて肥満になる人が多くなり、動脈硬化をおこしやすく血圧が上昇し、そのため眼底に出血をおこして物が見えなくなる。脳内における動脈の状態は外部からはうかがい知れないが、眼底血管は脳の血管とつながっているので、これを観察することにより脳内血管の状態を推測することができる。内科医でも、眼底を見て高血圧の状態を診断するようになってきた。糖尿病になると、主として眼底の物を見る部位(網膜黄斑(おうはん)部)に出血をきたす(糖尿病網膜症)が、この眼底出血から逆に糖尿病であることが診断される場合もしばしばある。また慢性腎炎(じんえん)のときに、眼底に視神経炎という病変が現れること(タンパク尿性網膜症)があり、この病気になると1年以内に尿毒症か脳出血をおこして死亡するといわれる。妊娠中毒の場合も重症になると高度の視神経炎がおこるので、中絶手術をするかどうかを判断する目安として眼底検査が重要視される。さらに全身の中毒、たとえばメチルアルコール(メタノール)中毒などは、急性の視神経炎をおこして失明する。そのほか、全身には関係なく眼固有の疾患として網膜剥離(はくり)や緑内障などがある。とにかく白眼外来においては、全身の変化が目に現れることが多いので、眼底検査によって全身の状態がだいたいわかる。
 なお、眼科では弱視などの両眼視機能障害者の矯正訓練などに、視能訓練士が医師の指示の下に従事している。[桑原安治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

眼科の関連キーワード治療貨物駅車掌税務事務所取り扱う・取扱う荷扱い戸籍吏扶持方植物病理学重量物を取り扱う業務

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

眼科の関連情報