コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンパンガ州 パンパンガPampanga

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パンパンガ〔州〕
パンパンガ
Pampanga

フィリピン,ルソン島中部,マニラ湾の北岸にのぞむ州。州都サンフェルナンド。パンパンガ川下流の低平地を占め,南部は広大なデルタとなっている。水稲とサトウキビの栽培が盛んで,養魚池も多い。アンガット川とパンパンガ川の合流点一帯はカンダバ湿地帯で,雨季には広い湖になるが,乾季にはメロンの一大産地である。製糖工場がある。北部にアラヤット山がそびえ,一帯は国立公園である。パンパンガ語が広く用いられる。 1991年のピナツボ山噴火で大きな被害を受けた。面積 2181km2。人口 118万 1590 (1980) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

パンパンガ州の関連キーワードサン・フェルナンド(フィリピン、パンパンガ州)タルク(Luis Taruc)D. マカパガルアンヘレスマカパガルタルク

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パンパンガ州の関連情報