コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンフリア Pamphylia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パンフリア
Pamphylia

アナトリア (現トルコ) 南部にあった古代の沿海地方。元来キリキアとリュキアとの間の地中海に沿った狭い地帯であったが,ローマ帝国時代に北部のピシディアの大半が編入された。パンフリア人は原地人と移住してきたキリキア人,ギリシア人との混血で,フリュギア人,リュディア人,ペルシア人,アレクサンドロス3世 (大王) ,ローマ人など次々とアナトリア地方を席捲した征服者に蹂躪された。前1世紀には地中海の船舶に対して海賊的な攻撃を仕掛けたが,ローマ帝国時代には大部分ヘレニズム文化に同化した。都市にペルガアスペンドゥスシデなどが知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

パンフリアの関連キーワードアシア[ローマ属州]アンチゴノス1世ハンニバルキモン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android