コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パン島 パンとう Île de Pins

2件 の用語解説(パン島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パン島
パンとう
Île de Pins

南太平洋南西部,フランスニューカレドニアニューカレドニア島南端から約 50km南にある小島。森林でおおわれ,観光地として知られる。ヌメアと航空路で結ばれている。面積 153km2。人口 1465 (1989推計) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パン島
ぱんとう
Ile des Pins

南太平洋、ニュー・カレドニア島の南東50キロメートルに浮かぶ島。フランスの海外領ニュー・カレドニアに属する。面積152平方キロメートル、人口1671(1996)。現地名はクニーKunie島であるが、1774年これを望見したJ・クックが、この島に茂るアローカリアというスギをマツと誤認して、英語でパインズPines(フランス語ではパン)島と命名した。ニュー・カレドニアを訪れる人が足を伸ばす観光地で、同じく景勝の観光地である宮城県松島町が同名にちなんで姉妹提携した。[大島襄二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パン島の関連キーワードニューカレドニアフランス領ポリネシア南太平洋委員会南太平洋フォーラムヌーメアニューカレドニア国際マラソンニューカレドニア[島]ニューヘブリデス[諸島]ローヤルティ[諸島]フランスの海外領土

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パン島の関連情報