コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パークゴルフ パークゴルフpark golf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パークゴルフ
park golf

ミニゴルフの一種。直径 20cmのホールに,5.5cmのボールを木製のスティックで打ち,いかに少ない打数で入れるかを競う。 1983年に,北海道中川郡幕別町で,公園をより有効に活用するために考察され,1987年には,国際パークゴルフ協会が設立された。ブリヂストンスポーツ杯パークゴルフ国際大会が年1回開催される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

パークゴルフ

パークゴルフは、ゴルフと同様にクラブでボールを打ちホール(穴)に入れるまでの打数を競うスポーツ。「誰もが気軽に公園で楽しめるスポーツ」として1983年に北海道幕別町で誕生した。クラブは一つで、1ホールの距離は最長100メートル以内、9ホールでは500メートル以内となっている。コースは、既存の公園やスキー場の緩斜面を活用したり、河川敷を造成したりする。

(2016-03-13 朝日新聞 朝刊 ちば首都圏・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

パークゴルフの関連キーワード東村村民の森・つつじエコパークシーサイドパーク広尾キャンプ場雁の里ふれあいの森キャンプ場キャンピカ 明野ふれあいの里レイクサイドパーク・のとろ富山県 立山山麓家族旅行村北海道立宗谷ふれあい公園北海道道立オホーツク公園水上宝台樹やすらぎの森二風谷ファミリーランド百人浜オートキャンプ場立山グリーンパーク吉峰層雲峡オートキャンプ場高畠の余熱利用施設計画割山森林公園 天湖森ふるさと剱親自然公園ひがしかぐら森林公園羅臼オートキャンプ場ふれあいらんど岩泉芦別市健民センター

パークゴルフの関連情報