パール顔料(読み)ぱーるがんりょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パール顔料
ぱーるがんりょう

展色剤中にその結晶が塗装面と平行に配列し、この結果、強い反射と真珠光沢とを生じる顔料の総称。一般の顔料では、展色剤中で光は散乱する。したがってパール顔料は、高屈折率の物質で、平板状結晶であることが必要で、その代表的なものに、白雲母を二酸化チタンTiO2でコーティングした雲母チタン(パール)顔料がある。これは、鱗片(りんぺん)状雲母の表面を二酸化チタン水和物でコーティングし、加熱、結晶化させて得られるが、加熱後に粉砕してはならない。コーティングが厚くなるにしたがい、色調は銀、金、赤紫、青、緑と変化する。各種プラスチック、建材、レザー製品、化粧品、塗料、印刷などに用いられる。ほかに塩基性炭酸鉛、酸塩化ビスマスからできているものもある。[大塚 淳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android