コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩基性炭酸鉛 えんきせいたんさんなまりbasic lead carbonate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩基性炭酸鉛
えんきせいたんさんなまり
basic lead carbonate

炭酸水酸化 (II) のことで,化学式 Pb3(Co3)2(OH)2 または 2PbCO3・Pb(OH)2 。鉛イオンを含む水溶液に炭酸ナトリウムを加えて熱すると白色の沈殿として得られる。比重 6.14,水に不溶だが硝酸に可溶。工業上は鉛白といい,古来白色顔料として用いられているが有害である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

えんきせい‐たんさんなまり【塩基性炭酸鉛】

炭酸鉛の塩基性塩。無色の結晶。水には溶けない。水道用鉛管では表面にこの緻密な皮膜が生じ、内部を保護する。鉛白(えんぱく)の主成分として白色顔料に用いる。化学式2PbCO3・Pb(OH)2

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の塩基性炭酸鉛の言及

【炭酸鉛】より

…天然には白鉛鉱として産出する硝酸カリウム型の無色斜方晶系の結晶。しばしば市販の塩基性炭酸鉛(炭酸水酸化鉛(II) 2PbCO3・Pb(OH)2)を誤って炭酸鉛と俗称することがある。鉛(II)塩の水溶液に炭酸水素ナトリウムまたは炭酸アンモニウムを加えるとPbCO3,2PbCO3・Pb(OH)2,Pb(OH)2の混合物として沈殿する。…

※「塩基性炭酸鉛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

塩基性炭酸鉛の関連キーワードシルバー・ホワイト炭酸ナトリウム炭酸水酸化鉛パール顔料二酸化炭素水溶液亜鉛華炭酸鉛硝酸不溶可溶白粉沈殿

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android